騒音問題の悩みを解決!防音効果の高いガラス交換がおすすめ 騒音問題の悩みを解決!防音効果の高いガラス交換がおすすめ

騒音に該当するレベルと対策方法

騒音レベルと音の侵入経路について

女性

ガラス屋で防音ガラスを導入する場合、まずは騒音レベルと音が侵入する経路を明確にすることがとても大切です。

騒音レベルの目安

囁き声や深夜の郊外などは20~30dbでとても静かです。一方、静かな住宅地や図書館が40db、エアコンの室外機などの音は50dbで生活に望ましい騒音レベルと言えます。掃除機や通常会話などになると60~70dbとなり、ここからはうるさい騒音レベルです。ピアノや音や地下鉄の窓が開く音は80dbで聴力障害の限界に達します。犬の鳴き声や電車が通過するガード下、近場の雷鳴などは90~130dbまで到達し、肉体的に限界を感じることもあるのです。

音の侵入経路

音が一番侵入しやすい場所は窓です。木造住宅の場合は約50%、そしてRC造マンションやアパートであれば70%は窓が侵入口になります。窓のサッシはレール枠と障子で構成されており、レールは開閉がスムーズにできるように余裕をもってつくられているのです。さらに、サッシ枠は雨水の侵入や室内の結露を外へ出せるように、水抜き穴などの工夫があり、それが騒音の原因となるのです。また、ガラスの厚さは3~8mm程度なので、音の確率が高くなってしまいます。

騒音に関して気になること

音の大きさは騒音レベルという訳ではないのですか?
人によって聞き取れる範囲は異なりますが、音には周波数というものがあります。一般的に低温が20ヘルツ、高音が200ヘルツです。防音ガラスといっても、実は周波数が低い音では、通常のガラスと比べても防音効果に差がありません。しかし、中音から高音、つまり音が高ければ防音効果に大きく期待できます。周波数によって騒音の感じ方は異なるため、気になる騒音がどんなもので、周波数の高低がどれほどなのかを把握すると効率良く防音対策ができます。

正しい防音対策は、まず音の侵入を防ぐことがとても重要になります。  

TOPボタン