騒音問題の悩みを解決!防音効果の高いガラス交換がおすすめ 騒音問題の悩みを解決!防音効果の高いガラス交換がおすすめ

防音工事を把握しておくことで工事の失敗リスクが防げる

窓の防音工事の流れ

女の人

気になる騒音は窓の防音工事でしっかり対策しましょう。では、防音工事の流れや失敗しないポイントをご紹介します。

防音工事の施工手順

防音ガラスの手配

まず防音ガラスの手配が必要です。防音ガラスを設置するために、あらかじめ木枠のタテ・ヨコ内や木枠の奥行きの寸法を測り、業者へサイズを伝えましょう。また、困っている部分の内容と写真も添付するとスムーズに手配できます。

採寸依頼&正式見積

防音窓はオーダーメイドとなるため、業者が自宅に訪れて窓枠の寸法を測ります。なので、都合のよい日を事前に決めて置きましょう。業者は悩みを聞き、そこから最適な窓を提案します。そして、作成された見積もりに納得できれば契約です。

施工開始

見積もりに同意して契約を結んで工事日程が決まれば、いよいよ工事です。工事では既存の窓枠にレールを上下左右全てに取り付け、そこに防音窓ガラスを設置しあとは微調整をすると完了です。1窓あたり30分~1時間程度で終わります。

施工後料金支払い

一般的に、支払いは工事が完了した後になります。工事後に現金か、決められた期限までに銀行振り込みで支払います。ガラス屋によってはクレジットカードも使えますが、事前にどんな方法で支払いできるのか確認しておくと安心です。

現地調査によって騒音レベルや音の響き方などを把握することで、より効果のある防音ガラス工事ができます。

防音ガラスの幅広い効果

防音ガラスにもさまざまな種類があり、防音効果以外にもたくさんの嬉しい機能が備わっています。例えば、基本構造がアルミであれば、スリムでありながら耐久性に優れたサッシになります。室内側がPVC樹脂製のカバーだと断熱性能があり、快適な室内空間を実現することが可能です。また、UVカット効果がある防音窓ガラスを選べば住む人だけではなく、壁などの色あせなどのダメージも防ぐことが可能です。防音ガラスを選ぶ時は、他の機能にも注目です。

TOPボタン